新型iPad Pro(第3世代)MacbookやSurface Go、Nintendo Switchでも使える|USB-C多機能ハブのおすすめ

新型 iPad Pro 2018|フルモデルチェンジした 11・12.9インチ2機種のデザイン・スペック・変更点を確認』で紹介した通り、新型iPadPro(第3世代)ではApple独自の規格Lightningコネクタを廃止し、iPhone・iPadシリーズで初のUSB-Cコネクタを搭載。USB-Cを搭載したことにより充電速度やデータ転送の高速化、外部ディスプレイやカメラなどとも接続できるようになりました。

しかし、新型iPadProには既存のUSB-Cポートは1つ。拡張性にややかけるということでUSB-Cハブの導入を検討。

同じくUSB-Cが1つしかないMacbookやSurface Go、Nintendo Switchといった端末でも使用可能なUSB-C多機能ハブを紹介していきます。

USB-C 多機能ハブに求めるもの

USB-C多機能ハブ』Type-AやHDMI、SDカードスロットが搭載している…など様々な種類があります。

私がUSB-C 多機能ハブに求めるものはこんな感じ

近いうちにイラスト用として液タブスタンドを導入する予定なので、iPadProとドッキング(一体化)できるものが理想です。

Satechi

Aluminum Type-C Mobile Pro Hub

・HDMI ×1
・USB-C PD ×1
・3.5mmヘッドホンジャック ×1
・Micro/SD カードリーダー ×1
・USB 3.0ポート x1

Satechiから新型iPadPro用の「Aluminum Type-C Mobile Pro Hub」が発表されました。iPadPro様とうたっていますがMacbookなどにも使用できます。

Satechi V2

・HDMI ×1
・USB-C ×1
・LAMポート ×1
・Micro/SD カードリーダー ×1
・USB 3.0ポート x3

これさえあれば間違いなしのマルチプレイヤー。イーサネット接続ができる点がかなり魅力的ですね。

HYPER

HyperDrive for iPad Pro

・HDMI ×1
・USB-C PD ×1
・3.5mmヘッドホンジャック ×1
・Micro/SD カードリーダー ×1
・USB 3.0ポート x1

Satechi同様、HYPERからもiPadPro専用のUSB-Cハブが発表されました。なんとこのハブ、有線イヤホンが接続できる端子が搭載されています。HYPER公式ホームページ によりと12月中に発売予定です。

MacBook用 USB Type C Hub

・USB-C パススルー充電×1
・Micro/SD カードリーダー×1
・USB 3.0ポートx2

シンプル設計のUSB-Cハブ。HDMI端子がないのが個人的には懸念点ですが、見た目はかなりかっこいいです。

Anker

5-in-1 プレミアム USB-Cハブ

・4K HDMI ビデオ出力×1
・イーサネットポート×1
・USB 3.0ポートx3

AnkerからはプレミアムUSB-Cハブが登場。名前を聞いただけで安心できるAnker。だがバススルー充電ポートがないのでiPadProを充電しながら使うのには向いていなさそう。

5000円以下|USB-C多機能ハブを見てみる

上記で紹介したUSB-C多機能ハブは1万円を切るあたりの値段設定。ここからは値段が5000円以下のUSB-C多機能ハブを数点ピックアップ。

気になったUSB-C多機能ハブ

中でも気になったのが「HyperDrive for iPad Pro」と「Satechi V2」 の2つ。iPadPro専用のUSB-C多機能ハブはそそられます。一つ懸念点があるとすればMacbookProのようにドッキング地獄になってしまうのではないかということです。

USB-Cという1つの端子から広がる無数の可能性を早く体験してみたくなりました。

新型iPadPro(第3世代)アクセサリー

新型iPadProのレビュー記事。

新型iPadProのアクセサリーレビュー記事。