iPadでイラストを描くときの左手デバイスにも使える万能キーボード|コンパクトな折り畳み式Bluetooth keyboard『iClever IC-BK06 Lite』をレビュー

私がiPadで使用するキーボードに求めるのは2つの条件があります。

 

  • ブログ執筆時に通常のキーボードと同様に使用できるか
  • イラストを描くときの左手デバイスとして使用できるか

 

加えて持ち運びも楽だといいなと考えていたところ、ついに見つけてしまいました。

そんなiPadと一緒に持ち運べるコンパクトな折り畳み式Bluetoothキーボード『iClever IC-BK06 Lite』を紹介します。

【iClever】IC-BK06 Lite|スペック・詳細

ブランド iClever
型番 IC-BK06 Lite
キーボード 英語配列(US)
重量 135g
サイズ 10.4 x 0.5 cm
カラー ブラック
対応OS IOS、macos、android、Windows

【iClever】IC-BK06 Liteをレビュー

パッケージから取り出すと、キーボード本体・充電用ケーブル(micro USB)・スマホスタンド・説明書の4点が同梱。

本体はレザー調でサラサラした感触。

実際に手に持ってみるとよりコンパクトさが実感できます。

側面には充電用のmicroUSBポート。

開いてみると英語配列のキーボードが登場。

電源はスイッチ式。Bluetoothのコネクトも単独ボタンでわかりやすい。

小さい箱にはHolderの文字。

プラスチック製のスマホホルダーが入っていました。

角度も細かく調整できるのでおまけでついているスマホホルダーとしては質が高い。

もちろんiPadPro11インチも載せることができました。

【iClever】IC-BK06とIC-BK06Liteを比べる

IC-BK06(上)とIC-BK06Lite(下)は、いわゆる兄弟キーボードになります。

見た目は変わりませんが質感はかなり違います。

IC-BK06(右)とIC-BK06Lite(左)形も少し違います。

キーボードもIC-BK06(上)は長時間文字入力をしても疲れないエルゴノミクスデザインを採用。IC-BK06Lite(下)は一般的な折りたたみキーボードです。

打鍵感ですがIC-BK06はApple純正のSmart Keyboard Folioのような打ち心地。対するIC-BK06LiteはノートPCのような打ち心地です。どちらもお値段以上の打鍵感でした。

iPadでイラストを描くときの左手デバイスにも使える万能キーボード

普通のキーボードとして使えるのは勿論ですが、イラスト用の左手デバイスとしても使用可能です。

通常のキーボードショートカットも使えますが・・・

クリスタ側の設定をいじることでキーボードを反対側に折り畳んでも使用可能になるのです。これはすごい。

電源スイッチが独立してあるので電源が切れないという仕組み。

iPad版「CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)」の左手デバイス(片手デバイス)にBluetoothで繋がるテンキーを導入」で紹介している左手デバイスにも勝る勢いです。

イラストモードとブログモードに切り替えられる万能キーボード

スマホでも

iPadでも

PCでも使用可能で更にはスマホホルダーも付いいていて、ブログ執筆が捗るブログモード

コンパクトで場所も選ばないイラストモード

イラストモードとブログモード両方使える二刀流のキーボード。IC-BK06Liteは買ってよかった満足度の高いキーボードでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です