靭帯断裂に重度の捻挫に骨にヒビ・・・|都内一人暮らしの派遣社員男性が右足首を怪我して片足生活を送っている現状を赤裸々に報告【#片足生活日記 1日目】

こんにちは。ラブイン愛内(@inaiinaiainai)です。

先日というか今日、人生で初めて歩けなくなるほどの大怪我をしました。右足首の靭帯断裂に重度の捻挫、おまけに骨にヒビ・・・

都内で派遣社員と副業でフリーのイラストレーターをしながら一人暮らしをしている私の足が完治するまでのプロセスや困ったことや体験談などを発信し、同じ境遇、怪我をしてしまい困っている人に勇気と情報を与えていけたらいいなと思っています。

靭帯断裂に重度の捻挫に骨にヒビ・・・|人生で初めて歩けなくなるほどの大怪我をしてしまった

それは通勤中の駅のホームでの出来事でした。通勤電車が遅延、満員となり溢れんばかりの人ごみに外はあいにくの雨模様。

改札を目指すべくホームを駆け降りるサラリーマン。私もその中の一人でした。

ドンッ」という鈍い音。気が付くと階段を降りているはずの私でしたが、まさかのホームにワープしていました。

痛みはあったにしろ早く出勤しなければという思いで出社。

ふと鏡を見ると、明らかに左右の足首で太さがおかしく、約2倍ほど大きく膨れ上がっていました。

流石の私でもこれはヤバいと感じ、近くの病院へ。

足の痛みは整形外科へ|診断結果を聞いた途端歩けなくなった不思議な人間の体

病院は整形外科の入ったクリニックへ。

整形外科では骨や関節に関する外傷や疾患靭帯や筋肉に関する外傷や疾患などを対象に見てもらえるそうです。

クリニックへ到着し、問診やレントゲンなどの検査を。

待合室で数分待つと診察室へ呼ばれ医師から告げられた言葉は「折れてはいないね」。内心ほっとしました・・・

診断結果は以下にように。

 

  • 靭帯2本断裂
  • 骨に少しヒビが入っている
  • 重度の捻挫
  • 1週間は自宅で安静に

 

詳しい症状や全治などは腫れが引かないと分からないそうで、1週間後再度通院することに。

診断結果を聞くと同時に会社やクリニックへ歩いてきたのが嘘かのように急に足が痛みだし歩けなくなりました。

なぜでしょうね、人間頭ではわかっていても・・・不思議なものです。

痛み止め薬を処方して下さりました。ロキソニンのようなものだそうです。

ロキソニンの効果が入ったシップを張り包帯で固定。

そして人生初の松葉杖での歩行

松葉杖はクリニック側よりお借りしました。めちゃくちゃ歩きにくい・・・

靴の代わりのギプスシューズは3千円程するらしく、ギプスシューズの代わりにビニール袋を代用して下さりました。家に帰るだけなので。

靭帯を断裂した足の状態【1日目】

病院へ行く前に写真を撮りました。内出血し腫れているのがわかります。

【派遣社員】通勤中の怪我で労災はおりるの?

結論は派遣社員でも労災はおります

今回の事象は通勤中の怪我という事で労災認定。派遣会社と勤務先どちらの労災なのかは各々契約内容に寄って違ってくると思うので担当に確認してみてください。

私の場合は後日労災についての書類が送られてくるので、郵送で送り返すといった流れになるそうです。歩けないのに・・・

病院で治療にかかったお金は自己負担

病院で治療にかかったお金は一時的に自己負担する必要があります。労災申請をし、認定されれば返ってきますが突発的な治療費は意外と負担に・・・

また今回のように自己負担をしなくても良いケースがあり「労災指定病院」での受診することで、診察や薬代、入院にかかった費用などは国に全額負担してもらうことができます。以下のリンクよりお近くの「労災指定病院」を検索することが出来ます。

労災保険指定医療機関検索

実際に治療にかかった金額

私の場合、病院での治療代 12,740円+薬代 2,430円の合計 15,170円でした。

薬はジェネリック医薬品といわれる後発医薬品を選択したので少しですが料金を抑えることが出来ました。

都内で一人暮らしをする男性が怪我をして片足生活を送ってる中で辛い所

怪我をし、片足で生活をしてみて大変だったことや辛い所がいっぱいありました。

働けないのでお金が大変

文字通り足を怪我して歩けないので働きに行けません。働けないという事はその分給料も減ってしまいます。これはヤバい。

移動が大変

一番大変。慣れない松葉杖を使い病院から家まで帰宅しなければいけません。

都内の電車やバスを乗り継ぎ、時には歩き休憩して・・・普段は1時間ほどで着く帰路を2時間程かけて帰宅しましました。

ですが電車では席を譲って下さる方が居たり、話しかけて下さる方もいたりと辛いけど励ましてくれたりと人の温かさにも触れることが出来ました。

移動時の松葉杖の影響か腕が筋肉痛になることも。

食事の用意が大変

一人暮らしなのでご飯を作ってくれる人もいません。友人も離れている場所に住んでいるので本当に食事の用意が大変です。

私は病院からの帰りの電車でインスタント食品や飲み物をAmazonで注文。

なぜカップラーメンのようなインスタント食品なのかというと、うまく歩けないので料理が出来ないからです。

電気ケトルでお湯を沸かして注ぐだけの手軽さ。電気ケトル、カップラーメンは常時あるといいですね。

お風呂やトイレに入るのが大変

トイレは大丈夫そうですがお風呂に入るのは大変です。介護者がいるのであれば一緒に入れるのですが、一人暮らしでは厳しい現状です。

身につけている衣類を脱ぐときも大変、お風呂場は滑りやすくなるので万が一滑って転び頭でも打ったらそれこそ一大事になります。

私は細心の注意を払いながら頑張って入りましたが不安でいっぱいでした。体を拭くシートをお風呂の代わりにしようと思います。

ベットから動けない

自分の部屋内であってもうまく歩くことが出来ないので1日の大半はベットの上で過ごします。

食べて寝ての繰り返しだと体重の増加などが考えらるので、足に影響のない腹筋などの軽い筋トレをしています。ベットの周囲には各種リモコンや充電器をセットしました。

肌が荒れる

同じく食べて寝ての繰り返しだと肌が荒れてしまうので、美容のケアもしたいところです。

以前に「メンズ美顔ローラー『MTG ReFa ACTIVE DIGIT(リファアクティブディジット)』」をはじめ、化粧水や乳液できちんと肌をケアしていきたいです。

足を怪我するととにかく大変

足を怪我するのはとにかく大変です。日常生活にもろ支障をきたします。

とにかく大変その一言。改めて実感しました。

イラストレーターとして活動してるのもあり、不幸中の幸いなのか手を怪我しなくて良かったと思っています。

ブログもこうして書けますしね。

イラストレーターとしては8月の頭にデザインフェスタというイベントに出典。神様が時間を下さったと思い可愛いイラストをいっぱい描きたいと思っています。

なんとかそれまでには歩けるようになりたい。これが切実な願いです。

靭帯がくっついてからのリハビリなどが辛いことや、今きちんと治さないと将来に響くというお声ももらっていますので今後今以上に辛くなるかもしれません。

それでも私はまた立って歩き、散歩をして色々な場夜へ旅行にも行きたいので辛抱強く今はただやるべきことを頑張りたいと思います。

 

皆さんもくれぐれも事故やケガにはお気をつけて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です